●若い人たちの防災に関わる能力の向上を図るため、防災教育活動の情報提供の場としてこのサイトを運営しております●
防災教育チャレンジプラン
サイト内検索 
防災教育チャレンジプラン募集 チャレンジプラン団体の紹介 防災教育事例集→検索 防災教育Q&A チャレンジプラン実行委員会のコラム 防災教育に役立つリンク集

ホーム > 2011年度実践団体の報告「東京都立足立工業高等学校」

2011年度実践団体の報告

防災教育の素材で探す  イベントとして実施したい  総合学習や選択授業で実践したい

東京都立足立工業高等学校  実践団体の紹介・連絡先
最終報告会資料(PDF) | 最終報告書(PDF)

プラン名 災害時に工業高校生として何が出来るか?自助・共助の精神を育成する教育。
プランの対象 高校生
目 的 ・生徒の防災意識を高めるための学習に全教職員で取り組むことで、教職員全体の意識 も高められる。
・全ての教科から代表者を選出した委員会を発足させ、教科ごとに取り組める内容を検討し実践する。
・通常の授業の一部分に防災に関する内容を取り入れることで、今後も継続して実践していける。
・教科外活動においても、防災に関する資格取得を促すことで、さらに防災意識を向上させることができる。また防災訓練では実際の火災を想定した取り組みも行うことで、災害時への対応も考えさせられる。
内 容

・環境、エネルギーや地域社会の課題の学習と結びつけた防災教育を行う。
・避難所に指定されている本校において、地域の中で共助の役割を果たす。
・ものづくりの拠点である工業高校の特色を生かした取組みをし、他校でも活用できる事例や資料を全国に発信する。
上記内容をこのプランの「柱」とし、東京都立足立工業高等学校では様々な取り組みを実践した。

成 果

・通常の授業で実施することを基本に、全ての教科で実施した。教科においては現時点で行っている内容に即した範囲で防災教育を取り入れたため、比較的に生徒も防災教育に取組みやすい環境を作ることが出来た。そのた め、生徒一人ひとりが「災害」や「防災」について考える機会となった。 また、今の自分に何ができるのかを考え、実践することを通して、災害に対しての危機感を持たせることが出来た。

・本校生徒会役員や防災委員会の生徒を中心に防災活動等を行う「防災活動 支援隊」の取り組みとして「防災士」や「普通救命講習」などの資格取得を盛り込んだ結果、自ら志願して取り組む生徒が増えた。その中で、東京 都教育委員会が企画した「合同防災キャンプ」に8名の生徒が参加し、東日本大震災での被災地訪問や被災地ボランティアを経験させることが出来た。これは貴重な経験になったと考えている。また「防災士」の資格も 取得させられたので、本校を卒業しても、地域貢献ができる(共助の精神) 大人として社会に出せると思う。さらには、学校近隣の避難所運営訓練に参加させることにより、防災に関しての深い知識を得ることができ、また、ボランティア精神や共助の精神も養うきっかけを作れた。

・このプランのために各教科や分掌・委員会から代表者を選出し、「防災教 育チャレンジプラン運営委員会」を立ち上げた。各教科において「防災教育」を柱に教科ごとにどのようなことが授業で実施できるかを検討して、各教科担当者が教材研究をし、防災に関する授業を実施することで、教職員全体の防災に関しての意識向上があっとように思う。なかなか防災に関して考える機会が少ないなかで、教職員にとっても良い経験だったと考えている。

製作物