●若い人たちの防災に関わる能力の向上を図るため、防災教育活動の情報提供の場としてこのサイトを運営しております●
防災教育チャレンジプラン
サイト内検索 
防災教育チャレンジプラン募集 チャレンジプラン団体の紹介 防災教育事例集→検索 防災教育Q&A チャレンジプラン実行委員会のコラム 防災教育に役立つリンク集

ホーム > 2011年度実践団体の報告「高知市立南海中学校」

2011年度実践団体の報告

防災教育の素材で探す  イベントとして実施したい  総合学習や選択授業で実践したい

高知市立南海中学校  実践団体の紹介・連絡先
最終報告会資料(PDF) | 最終報告書(PDF)

プラン名 「まもれ 高知(ふるさと)」Nankai Survival Project ( N S P)
プランの対象 幼児・保育園児・小学 生(低学年)・小学生(高 学年)・中学生・地域住 民・高齢者
目 的 中学生と地域の協働がポイント。太平洋に面し,次の南海トラフ大地震で甚大な被害が予想される高知(ふるさと)を救うのは,「地域の絆」。そう信じる私たちは,住民の避難訓練参加者数を増やすことを目指して,「地域の絆が,防災の力」をキャッチフレーズに, 中学生が伝統行事や祭りを担って地域の絆を深めながら,災害への備えをひろめてきた。その手法は,生徒が「笑い」を交えて演じる「防災にわか」(高知県保護無形民俗文化財である佐喜浜にわかを模したもの)や,津波避難場所マップ,防災新聞など。中学生が手作りで,住民の意識改革による「災害に強いまちづくり」に挑戦した。
内 容

○ 中学生が地域の伝統行事を担う。町おこしの新しい祭りや福祉施設の行事にも参加して, 地域の絆を育み,地域を元気にする。「地域の絆が,防災の力」
○ ユーモアあふれる寸劇で防災意識を高めてもらう「防災にわか」を中学生が熱演。さらに, 授業で作成した「防災新聞」を地域へ発信して,地域の防災力向上に努める。
○ 中学生が校区の津波避難場所一覧を作成し,住民に発信。また,校区一斉津波避難訓練や地域の防災フェアを,中学生と自主防災組織が一緒に企画・運営する。
○ 中学生と自主防災組織との協働的活動で,これまでバラバラだった自主防災組織を相互につなぐ。(津波避難場所の調査,防災フェア実行委員会,校区一斉津波避難訓練の事前打合せや反省会などの実施を通して)

成 果

中学生が地域の伝統行事や祭りを担い,率先して地域の防災活動を行うことで,地域住民は学校や生徒への信頼を深める。生徒は,大人に認められたり,地元の安全や防災に懸ける大人の情熱に触れたりすることで,ふるさとへの愛着が沸いてくる。
これらの相乗効果で,本校の防災教育が,学校のひとりよがりなものから, 地域の課題を解決する協働的な防災活動へと進化し始めた。その結果,生徒の防災学習へのモチベーションや自尊感情の向上にもつながっていった。
また,中学生と自主防災組織が協働的に地域の防災活動を推進することで,学校と地域はもちろん,地区ごとで活動していた自主防災組織のさまざまな活動が横へとつながり,面となって,校区全体の自主防災組織や防災活 動が活性化するという効果もあった。
さらに,中学生が地域で「防災にわか」を演じたり,地域に津波避難マップや防災新聞を配布したりすることで,学校の防災教育への期待感が増すだけでなく,学校が核となることで災害に備える「防災文化」が地域に根付き始めたと感じている。

製作物

高知市立南海中学校.pdf